お買物探偵団

新柄続々!人気のエコバッグ「shupatto」の活用法

出典:筆者にて撮影(「shupattoコンパクトバッグ」 広げたSサイズと畳んだMサイズ)

 

レジ袋有料化が始まって以来、買い物にでかけるときの必需品となったエコバッグ。

筆者は、当初エコバッグを使う習慣がなかなか身につかず、度々有料で袋を買っていました。

エコバッグを持ち歩くのが面倒になっていた理由は、使いづらさ。精肉などの大きめのパックを傾けずに入れることが難しかったり、使用後に畳んで付属の袋にうまく仕舞えず、イライラすることもありました。

 

レジ袋有料化からの1年間、使いやすいエコバッグを探していくつも試した結果、筆者が一番長く使っているエコバッグがマーナ「shupatto コンパクトバッグ」(以下、「shupatto」)。

今回はその「shupatto」の使いやすさと活用法をご紹介します。

 

 

「shupatto」の人気のポイント

 

出典:筆者にて撮影

商品名:「shupatto コンパクトバッグ」Sサイズ1,078円(税込み)Mサイズ 2,178円(税込み)/ マーナ

 

エコバッグを選ぶとき、重視したいのは畳んだ時のサイズ。毎日のように持っていくものだから、できるだけ小さく畳めるものが欲しい。でも、小さくキレイに畳まれていたものを購入してみたら、畳み方が複雑だったり、付属の袋に収まらなくて、結局小さく畳むことをあきらめてしまったということもありました。

 

簡単にキレイに畳めるものがあれば、エコバッグの持ち歩きが面倒にならないはず。

今回紹介する「shupatto」は、本体が蛇腹に加工されているので、両端を引っ張るだけできれいに畳めます。一気に畳める感覚は、一度体験すると癖になりますよ。

 

 

shupatto」はこうして生まれた

 

出典:マーナ公式サイト

 

・ブラシ製造からはじまった株式会社マーナ

 

shupatto」を作っている株式会社マーナは、ブラシや刷毛を製造する会社として明治5年に新潟県長岡に創業しました。現在では、「Design for Smile 使う人を笑顔に」を企業理念とし、ひとの暮らしに寄り添い永く愛されるモノづくりをしている会社です。

 

・「shupatto」ヒットまでの道のり

 

出典:筆者にて撮影(shupattoの蛇腹部分)

 

「使う人を笑顔に」という理念が形になった、エコバッグ「shupatto」。

エコバッグは畳むのが面倒という悩みを解決しようとしたのは、入社一年目の社員でした。どうしたら簡単に畳めるのかを考え続け、やっと見つけたヒントは、研修中に工場でかぶった蛇腹に折り畳まれた帽子。そのヒントを基にさらに工夫を重ね、意識しなくても畳める商品が完成しました。

今では多くの人が利用している「shupatto」は、使う人の悩みに寄り添い、笑顔にしようという思いから生まれた商品なのです。

 

 

筆者の「shupatto」活用方法

 

出典:筆者にて撮影(「shupattoコンパクトバッグ 」SサイズとMサイズ」

 

shupatto」は、形や大きさ、生地の柄がとても豊富。サイズ違いで揃えておくと、買い物での利用はもちろん日常の多くのシーンで役立ちます。

筆者は日頃の買い物に使っているのはMサイズですが、最近Sサイズを買い増して使っているので、その活用法をご紹介します。

 

・買い物の量にあわせて使い分け

 

出典:筆者にて撮影(Mサイズに8ロールのトイレットペーパーを入れた様子)

 

一般的なエコバッグは底面の大きさやマチの幅がある程度決まっているので、厚みのある箱などを入れづらい場合があります。「shupatto」は全体が蛇腹に畳まれているので、入れる荷物によって自然とマチ幅が変わり、荷物の形を選ばないのが特徴です。

ピザの箱やケーキの箱のような、寝かして入れることができないものを運ぶときも困りません。

 

Lサイズは、1~2泊の旅行用に使えるほどたくさんの荷物が入れられます。スーパーでの会計時にレジかごに直接セットできるサイズなので、袋への詰め替えの手間を減らすことができる点も魅力です。

 

また、Mサイズでも8ロールのトイレットペーパーが丸ごと入るほどの容量があるので、たくさんの買い物やペットボトルもラクラク。はじめて選ぶ「shupatto」にはおすすめのサイズです。

 

出典:筆者にて撮影(お弁当や総菜にちょうどいいSサイズ)

 

最近よく利用しているのは、Sサイズ。惣菜やお弁当を買ったとき、大きめの袋の中で傾いてしまうのが気になっていました。

Sサイズは、そんなお弁当や総菜のパックを入れるのにちょうどいいサイズ。

果物や卵など、やさしく扱いたいものを持ち運ぶためにMサイズと2つ持ちにするのもおすすめです。

 

 

・洗えるからキャンプや海遊びに

 

出典:筆者にて撮影(洗濯機で洗濯ネットに入れて単独で洗う)

 

shupatto」は、洗濯ネットにいれて洗濯機で洗えるので衛生的です。

筆者はプールや温泉で着替えを入れるバッグとしても使っています。地面に置いてしまっても後で洗えるので、キャンプや海などのレジャーにも最適。

使い方を買い物に限定せずさまざまな用途に活用すれば、バッグを増やすこともなく、よりエコな使い方になりますね。

 

 

・柄が豊富!贈り物におすすめ

 

出典:株式会社マーナ公式ページ

商品名:「LISA LARSON×Shupatto」 Sサイズ1650円(税込み)

 

毎日のようにエコバッグを使うようになりましたが、使い勝手の良いエコバッグを見つけることは、あんがい難しいものです。「shupatto」は、丈夫さと畳みやすさ、容量別にサイズがそろった優秀なエコバッグなので、贈り物にもぴったり。

新柄も続々と登場し、キャラクターとコラボした柄もあります。最近では、北欧の人気陶芸家リサ・ラーソンとのコラボ柄も登場し、注目のエコバッグとして話題です。

 

 

まとめ

 

使いやすいエコバッグを持つことができれば、生活の中のちょっとしたストレスをなくし、ハッピーな生活ができる。そんな思いが作ったエコバッグ「shupatto」なら、忙しい毎日を快適に過ごすことができます。

畳むのが苦手という人にこそ、試してほしいエコバッグです。

 

クイズに正解して無料でポイント獲得

ポイントがもらえるクイズ

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。