お買物探偵団

自分と向き合う時間を大切に!未来を予約する手帳『CITTA DIARY』

出典:筆者にて撮影(CITTA DIARY 3,850円(税込み))

 

新年など区切りのいいタイミングでスケジュール帳を新調する方は多いですよね。はじめはウキウキした気分で使い始めるけれども、最後まで使い切れない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者もそのうちの一人。

 

また、定年に伴ってこれからについて悩んだり、子どもの成長とともに自分の時間を楽しもうと考えたりすることもあるでしょう。

 

そんな方々の助けになるであろう、ちょっと変わった手帳があります。予定を書くのではなく、「未来を予約する」というコンセプトで作られた手帳『CITTA DIARY』。未来をワクワクさせたい方、必見です。

 

 

CITTA DIARYとは

 

出典:CITTA DIARY公式ウェブサイト

 

CITTA DIARY』は、予定を書くためのスケジュール帳ではなく、「自分の未来の予約表」。普通のスケジュール帳とどう違うのだろう?と思いますよね。筆者もはじめは疑問だらけでしたが、実際に使用してみると、自分の未来は自分で決めていけるんだ!ということを実感させられました。従来のスケジュール帳とは発想が異なるため、他にはない特色がたくさん詰まっています。

 

CITTAはサンスクリット語で「心」という意味です。自分の心に聞いてやりたかったこと、諦めていたこと、先延ばしにしていたことなどを一度全部書き出す。そのリストを見て「本当にやりたいのか」と自分の心に聞いて、日付を入れて行動に変えていく。このような使い方ができるのが『CITTA DIARY』の魅力です。

 

 

CITTA DIARYの歴史

 

CITTA DIARY』の製作者は、筋金入りの手帳マニアでありヨガ講師の青木千草さんです。

 

手帳売り場に行っても理想の手帳に出会えずに、落胆する日々を送っていたという青木さん。1年間使い続けられる手帳がほしい、この世にないなら自分で作るしかない、と365日手書きの一冊を作ったのが『CITTA DIARY』の歴史の始まりです。

 

2014年、ついにオリジナル手帳製作に踏み切り、初代リングノートタイプが完成。予算もなくサンプルとして5冊だけ製作したものがSNSで反響を呼び、200冊の増刷に。2015年、お客様のリクエストから製本タイプの手帳を1,000冊製作。当初はブラックのみでしたが、カラーバリエーションも増えていきました。

 

2020年には、オンラインショップが立ち上がり、『CITTA DIARY』以外の関連商品も新たに販売されています。

 

理想の手帳を作りたいという強い気持ちが伝わってきますよね。こだわりが詰まった手帳が人々の心に響くのも納得です。

 

 

CITTA DIARYの使い方

 

CITTA DIARY』の中身と使い方を見ていきましょう。

 

①ワクワクリスト

 

出典:CITTA DIARY公式ページ

 

自分のワクワクを書き出すページです。ワクワクリストは、『CITTA DIARY』の醍醐味であり、全ての原動力。毎月、やりたいことや叶えたいことをどんどん書き出します。家庭のこと、仕事のこと、内容は何でもOK。旅行に行く、手紙を書く、孫と遊ぶ、などなど。

 

そして、具体的に行動に移すために「いつ?」欄に日付を入れます。長期的な目標の場合は、それを達成するために今何をしたらいいかを考えて、ウィークリーページを埋めていきます。「いつ?」と聞かれて尻込みしてしまう場合は、もしかすると本気でやりたいとは思っていないのかもしれません。本当にやりたいことなのかを考えるいい機会にもなります。

 

筆者は、はじめのうちはワクワクリストがなかなか書けませんでしたが、だんだんやりたいことが思い浮かぶようになってきました。

 

②年表

 

出典:CITTA DIARY公式ページ

 

年表カレンダーは3年分。家族行事や旅行など大きな予定ほど事前準備が必要なので、日程を決めてしまうことが大切。やれるかやれないかではなく、やりたいかやりたくないかで決めて、手帳に書き込んでしまいます。

 

③マンスリー

 

出典:CITTA DIARY公式ページ

 

マンスリーは2か月見開き。2か月の見通しを立てられるので、月末月初の予定が立てやすくなります。ポイントは、時間を書かないこと。書いてしまうとウィークリーを使わなくなってしまうので、「孫が遊びに来る」など大まかなイベントだけを書いていきます。

 

④プロジェクトシート

 

出典:CITTA DIARY公式ページ

 

趣味や資格取得など、逆算して見積もりや計画を立てられるページです。使い方は自由で、毎日の読書、出費の記録をつけてもOK。家族の予定を書いてもいいですね。体重や血圧などの健康管理にも役立ちそうです。

 

⑤ウィークリー

 

出典:CITTA DIARY公式ページ

 

CITTA DIARY』が一番使ってほしいと思っているページです。24時間のバーチカルタイプ。自分の一週間を一気に把握できます。予定だけでなく、空いた時間にはワクワクリストで挙げたことを書き込むのもいいですね。起床時間など、習慣にしたいけどなかなか出来ないことを書き込むことで、手帳にお尻を叩いてもらうという使い方も。

 

朝や夜の部分が省略されているバーチカルタイプ手帳が多い中、24時間分均等に時間軸があるところが筆者にとっては特に嬉しいポイントでした。以前使用していた手帳は、始まりが朝8時だったので、朝の活動を書けなかったのですが、『CITTA DIARY』はしっかり書き込めます。使わない部分はメモに使ってもいいですよね。

 

 

手帳タイムで自分と向き合う

 

CITTA DIARY』では、一週間に一度、手帳タイムを取ることが推奨されています。自分とミーティングしながら、来週と再来週の予定を細かくアップデートします。

 

実践してみて感じるのは、手帳タイムは、自分を見つめて自分と向き合う貴重な時間だということ。誰に見られるわけでもない自分だけの手帳を通して、自分と対話するこの時間が楽しみになっています。『CITTA DIARY』そのものも気に入っていますが、自分と向き合う時間の大切さに気付けたことが筆者にとっては大きな収穫でした。

 

 

まとめ

 

夫婦間の考えに違いが生まれたり、個人で将来を不安に思ったりなど、未来を予約するなんて難しいと感じることもあるかもしれません。ですが、今まで家族や仕事のために時間を使ってきたからこそ、今度は自分と向き合う時間を大切にしてみてください。

 

スケジュール帳を最後まで使い切れない方はもちろん、人生を充実させたいと思っている方にぴったりの『CITTA DIARY』。自分と向き合う時間を持つのが難しいと感じる方は、この手帳の力を借りてみるのもいいかもしれませんね。

クイズに正解して無料でポイント獲得

ポイントがもらえるクイズ

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。